融資とは

信頼される程に融資は好条件で利用出来る様になる

消費者金融や銀行がお金を消費者に貸し出す事を、一般的に融資と言います。 こうした仕組みはローンとも呼ばれ、お金が市場で流通する為の重要なシステムとなっています。 通常、金融機関でお金を借りると利息が発生します。 利息は金利とも呼ばれ、お金を借りた事に対して支払う手数料だと言えます。 この手数料を元手にして、消費者金融などでは儲けを得ています。 金利は一般的に貸し出し金額が少額である程に、利率が高くなります。 何故かと言うと、貸し手としては少ない貸し付けでも一定の利益を得る必要がある為です。 また、金利を高く設定する事は、利用者が返済不能となった時のリスクを回避する事にも繋がります。 逆に金利は大口の融資を行う程、利率が低くなります。 消費者金融などでは、企業の定める利用限度額を貸し出した時に最低金利を適応出来る様になっています。 ただ、一般的に消費者金融を初めて利用する方は、利用限度額の貸し出しを受ける事は出来ません。 何度か利用を繰り返して信用があると認められた場合において、限度額までお金を借りる事が出来るのです。 最低金利もこの段階まで来て、ようやく利用する事が出来る様になります。 この様に低い金利での貸し出しを受けるには、金融機関の信頼を得る必要があるのです。 金融機関としては、貸し出したお金の返済が滞るといったリスクを回避する必要があります。 この事から、融資と個人の信頼は密接な関係を持っていると言えるのです。

関連ページ

利用目的に合わせたお金の借り方
利用目的に合わせたお金の借り方とは