ジャパンネット銀行から90万円借りる | 今すぐ90万円キャッシングする方法

ジャパンネットから90万円キャッシング

ジャパンネット銀行カードローン

実質年率2.5%~18.0% 限度額1000万円
保証人不要 最短即日融資

ジャパンネット銀お申し込みの流れ

ジャパンネット銀行お申し込み・ご契約方法

  • ネットバンクにログイン後、契約申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちの方

  • インターネットからネットキャッシング+普通預金口座開設の同時申し込み
  • ※普通預金口座をお持ちでない方

銀行カードローンと銀行系消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★ 銀行カードローンは、融資限度額が高めで金利も低い分、銀行系消費者金融と比べて審査に時間がかかるといわれています。

>> 90万円キャッシング【銀行ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆ 銀行のカードローンに比べて、銀行系消費者金融は金利が多少高くなりますが、融資までのスピードが早めといわれています。

>> 90万円キャッシング【スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!




金融辞書:知っておきたい「約定利率」とは

「約定利率(やくじょうりりつ)」とは、賃借を行う当事者が取り交わす契約によって定められる利率のことで、「約定金利」とも呼ばれています。 これに対して「法定利率(ほうていりりつ)」というものがあり、通常は当事者間で利率を定めているのですが、特に定めがない場合に適用されるものです。 法定利率には民法と商法のそれぞれに規定があり、民法では年利5%、商法では年利6%となっています。 当事者間の契約は、原則的に自由に決められるのですが、キャッシングやカードローンなどの金銭消費貸借契約においては、出資法や利息制限法の制限を貸金業者は受けることになり、貸付金利の上限を、元本10万円未満は上限年利20%、元本10万円以上100万円未満では上限年利18%、元本100万円以上は上限年利15%と定めてられています。 また、利息制限法のみなし弁済という例外規定を満たすと出資法の適用をうけ年利29.20%の上限金利を超えると、刑事罰の対象になります。 したがって、金銭消費貸借契約において約定利率が定められている場合でも、利息制限法や出資法の規定とよく照らし合わせて確認することが必要です。 また、例外規定である「みなし弁済」とは、利息制限法の上限金利や出資法の上限金利を超えた金利でも、借り手が自らの意志で支払うのであれば、受け取ってもよいという規定ですが、ほとんどの場合、借り手の自由意思で支払ったことが認められないため、いわゆる過払い金返還の請求ができるので、そのような場合は弁護士などの専門家に相談すべきです。

ページトップへ戻る